読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐやる課

40代管理部長(女)のぼやきとチャレンジ

今度こそプライバシーマークを取る!Pマーク取得作業は意外とラク?

経理・総務・人事・そして営業!

f:id:strikenonko:20161003121818p:plain

Pマーク取得責任者に任命されてしまった発芽チェンマイです。

中小企業には夢のPマーク!

でも取得料金は高いわ、更新料金も高いわ、コンサル料も高いわ。取るだけのメリットがあるといいなあ。いや、きっとありますとも。

Pマーク取得に一番大事なこと

そりゃあもうコンサル選びにかかっています。Pマーク取得は自社に合ったコンサルを選べれば8割成功しています。まだ取得作業中ですがそう確信しています。

 

コンサルさんの役割はいかに取得担当者に作業させるか、これに尽きます。

良いコンサルさんは下準備がハンパないです。なので取得担当者はコンサルが用意したデータをちゃちゃっと書き換えるだけで済みます。助かります。こちとらPマーク以外の業務が本業なんです。

 

コンサルさんとの相性も大事ですよね。これは好みで決めちゃえばいいと思います。

Pマーク取得の作業量

そりゃあもう膨大なんですが、コンサルさんができる量だけの宿題を出してくれます。

あとはもう今ここが何合目かなんて気にしないで進むのみ。いいんです、Pマークで食っていくわけじゃないんですから。

 

ただし宿題をサボるとコンサル日の直前でカツオになりますからご注意を(←今ここ)。

書類作るよりも、社内や取引先に連絡して書類書いてもらったりするので、そういう段取りが放置していると大変になりますね(←今ここ、涙目)

 

でも中小企業であれば絶対量が少ないので、そんなに無理しないでも取得作業ができます。思っていたほど頑張らなくて大丈夫でした。涙目だけど。

実は10年前にPマーク取得に失敗してます

私の入社前の話ですが、弊社はコンサルも付けたのに挫折したという苦い過去があります。

なので社内には「Pマークなんてハイカラなもの取れるわけがない」という負け犬モードが今も漂っています。

今回社長が気まぐれを起こし、過去の失敗を知らない私が担当者になり、なんとか取得に向けて動き始めたところです。今度こそ取っちゃうぞ!  

マンガでわかる日本一やさしいPマークの本

マンガでわかる日本一やさしいPマークの本

  • 作者: 中溝規雄(株式会社ワークストラスト),有限会社キャレット,滝田光治(SWING 21)
  • 出版社/メーカー: ワークストラスト
  • 発売日: 2009/08/24
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 39回
  • この商品を含むブログを見る