読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐやる課

40代管理部長(女)のぼやきとチャレンジ

パーケンに会いに東京地裁へやって来た

パーケン。なにやってんのパーケン。

f:id:strikenonko:20160302143840j:plain

 本日3月2日ようやく初公判。東京地裁なう。

 

傍聴券がいるらしいのでもらいにいってみる

裁判所のページでパーケンの裁判を調べてみた。

傍聴券交付情報

f:id:strikenonko:20160302144316j:plain

やはり抽選。12時すぎに地裁につくと…

すでに長蛇の列が!!

抽選なんで…、早い者勝ちじゃないんで、それ意味ないんで…。

12時半の整理券配布前に並んでいるのは若い女性ばかり。切ない…

パーケン、あんたモテモテだよ!!

 

裁判所の前でぼんやりしているとテレビに捕まります

時間前の行列に少々ひいてしまい、裁判所正門前でぼんやりしていると

「すみませーん、フジテレビですー。声だけなんでー」と美しい女性に声をかけられる。声だけなら…、と気を許し、インタビューを受けることにした。まとめるとこんな内容。

 

今日は何の裁判ですか? → 高橋健一です

どうやって裁判の情報を知ったんですか? → 裁判所のホームページで

ファンなんですか → ええ、ファンです

事件についてどう思いますか? → 残念です

今でもファンですか? → ええ、ファンです

 

ファンとしてどう思いますか? など、ヒジョーにナイーブな質問を投げかけまくられて少々憔悴。

制服泥棒のファンで裁判まで追いかけるクレージーな女として呆れられるんだろうな。好きにして…、と思っていると、さらに大きなカメラといかにもなリポーター女性登場。

 

ミヤネ屋です。インタビューいいですか?

 

カメラ困ります、仕事休んできてるんです、と逃げようとしても「首から下だけなんで」と引き下がらないミヤネ屋。

ミヤネ屋からは絶対に逃げられません。みなさん覚悟してください。

 

内容は先ほどのフジテレビとほぼ同じ。今日は何の裁判で? → 高橋健一です。

「今回の事件、ファンとしては裏切られたという思いですか?」とのウンザリ質問につい、「いえ、やってそうだと思っていたので」と微妙な本音を漏らしてしまう。

この微妙な気持ちは絶対にパーケン好き以外には分からない。分からないから話さなくていいのに話してしまった。

 

「お笑いで復帰して欲しいですか?」の質問には「いいえ」と回答。人として復帰して欲しいので。

これ以上ワイドショーの餌食になっても困るので、地裁の中に逃げました。

 

16枚の傍聴券に500人以上が集まる

周りを見渡すと8割以上が女性。パーケン、多分ここにいる人たち、みんな制服くれるよ。

 

さて、30分以上並んで、13時のパソコン抽選でほとんどの人が瞬殺。有休取ったのに…。しかし、ほんとにね、

傍聴券バイト消えろおおおおーーー!!

おじいさんが混じってるからなんか変だと思ったらバイトか! しかも当てるなっつーの。

 

外れてぞろぞろと霞が関の駅に消えていく行列たち。

私は勿体ないので、何か裁判を傍聴して行こうと思います。

しかしミヤネ屋が心配だ…。