読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐやる課

40代管理部長(女)のぼやきとチャレンジ

うさこちゃんの世界にも死が訪れる 『うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん』

f:id:strikenonko:20150729234251j:plain

かわいいうさこちゃんのシリーズに、ちょっと「ぎょっ」とする絵本が一冊。

タイトルだけなら、当たり障りのないこの絵本。

しかし、思わず手に取ってしまうこの表紙。 

うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん (4才からのうさこちゃんの絵本セット1) (ブルーナの絵本)

うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん (4才からのうさこちゃんの絵本セット1) (ブルーナの絵本)

 

 いきなり墓ですよ。

オランダのお墓ってこんな感じでしょうか。墓ですが、おしゃれです。

これが日本だったら卒塔婆とかも描かれるんでしょうか。おどろおどろしいです。

 

うさこちゃんのおばあちゃんのお葬式のお話です

うさこちゃんは おじいちゃんが なくのを

はじめて みました

 

冒頭からうさこちゃんが泣いています。

うさこちゃんだけでなく、大人もみんな泣いています。お葬式はみんな泣くんです。

 

はじめての「お別れの手順」が丁寧に進んでいく

それから、みんなは そろって

おばあちゃんを おおきな おおきな もりへ

はこんでいきました。

 

棺に納められ、埋葬され、お別れの言葉を言い、お墓参りをする。

おそらく、うさこちゃんにとっての「はじめてのお別れ」が丁寧に進められます。

うさこちゃんは大人と一緒に行動し、大人の言葉を理解して、大人と一緒にお葬式に参加します。

おばあちゃんにもう会えないのはみんな同じ。大人も子供も関係ないのです。

 

うさこちゃんの成長を見守る、ブルーナの優しい視点

うさこちゃんは泣く。病気になるし、入院もする。不安にもなる。 

うさこちゃんのにゅういん (2才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)

うさこちゃんのにゅういん (2才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)

 

 

してはいけないこともしてしまったりする。 

suguyaruka.hatenablog.com

 

 失くしものをしてパニクったりもする。

うさこちゃんのさがしもの (1才からのうさこちゃんの絵本セット2) (ブルーナの絵本)

うさこちゃんのさがしもの (1才からのうさこちゃんの絵本セット2) (ブルーナの絵本)

 

 

すごい体験もする。

うさこちゃんひこうきにのる (2才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)

うさこちゃんひこうきにのる (2才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)

 

 

普通の子供が体験することを、少しずつゆっくりと、うさこちゃんも体験する。

作者・ブルーナの「神の視線」が優しくて、うさこちゃんを読むとなぜか泣きたくなるのは、そのせいかとも思ったりする。